Home > 2013 > | お知らせ > 濃尾地震 記念行事のお知らせ

濃尾地震 記念行事のお知らせ

平成25年は濃尾地震(1891年10月28日)が発生して122年目に当たります。マグニチュード8を記録した最大級の内陸地震が東海地方を襲い、犠牲者も7000人に及びました。当時の仏教界、政治の世界で活躍していた天野若円が義援金を募り、犠牲者を供養する御堂(紀念堂)を建立したのは、震災2年後の明治26年でした。その後、現在に至るまで天野家を中心に近隣のご協力も得て、この御堂を支え続け、祥月命日はもとより月命日にも欠かすことなく供養がなされて来ました。また、平成22年からは10月28日に展示や講演会などを行っており、本年も下記のとおり記念行事を開催致します。

第1部では例年通りの祥月命日の供養を行います。一昨年3月の東日本大震災の犠牲者は2万人近くと濃尾震災の5年後に発生した明治三陸津波の犠牲者2万2000人に相当する国内最大級の災害となりました。第Ⅱ部においては、震災の犠牲者を悼み、この様な被害を繰り返さないことを願いつつ、岐阜大学理事の杉戸教授・名古屋大学大学院の羽賀教授・フリーアナウンサーの小倉理恵氏に、ご講演を頂きます。みなさまのご参加をお待ちしております。

◆開催日:2013年10月28日(月) 
◆場所:岐阜市若宮町2-10     「震災紀念堂」 
◆第Ⅰ部  祥月命日法要      午前10時開始
 ・導師:飛騨市神岡町大国寺 住職 杉坂徹英
 ・主催:宗教法人 紀念堂

◆第Ⅱ部 記念講演         午前10時30分~12時30分
 ・講演:1.岐阜大学 杉戸真太 理事 「必ず繰り返される濃尾震災」
      <休憩 10分>
 ・講演:2.名古屋大学大学院 羽賀祥二 教授 「紀念堂の歴史」
      <休憩 10分>
 ・講演:3.フリーアナウンサー  小倉理恵      「震災に触れる」
 ・主催:濃尾震災紀念堂保存機構
 ・後援:岐阜県、岐阜県教育委員会、岐阜市、岐阜市教育委員会

●受付:9時15分開始(返信葉書ご持参の上、ご記帳をお願い致します。)
●定員:先着 90名

●参加費:無料
●往復葉書で、お申し込みをお願いします。(締切:10月15日消印迄)
 事務局 〒501-1193 岐阜市柳戸1-1 

       岐阜大学流域圏科学研究センター 篠田真央 
●お問い合わせ先:
●濃尾震災紀念堂保存機構代表 : 西村邦彰  TEL:090-9685-2140

   pdfファイル

  2013.10.28_shinsai_f.jpg

Home > 2013 > | お知らせ > 濃尾地震 記念行事のお知らせ

サイト内検索
リンク

Return to page top