Home > 2013

2013

長良川文化フォーラム2014開催のご案内

「長良川文化団体連絡会 長良川文化フォーラム」は、鵜飼をはじめとする長良川流域の文化を守り、育み、発信していくために、関係する市民活動団体などが交流し協力して、活動しています。
 一人でも多くの方々が、長良川流域の文化に触れ、理解と造詣を深めていただきたくために、年間を通じて様々な活動を企画しています。
 今回は、今年度の活動の集大成として『長良川文化フォーラム2014』を開催します!
 また、長良川文化フォーラム2014では、「関市と弥勒寺遺跡群」と題した講演を行うほか、弥勒寺官衙遺跡群や円空入定塚などのほか、今年3月にリニューアルされた関市円空館を見学します。

2014_f.jpg

長良川文化フォーラム2014 

     ~長良川が支えた文化 "弥勒寺遺跡群と円空と小瀬鵜飼"~
 

◆日時 平成26年3月27日(木) 10:00~16:00(8:30受付開始)
         (9:00にJR岐阜駅前団体バス乗降場を出発します。)

◆場所 関観光ホテル(関市池尻弥勒寺91-2 TEL 0575-22-1166)、

    弥勒寺遺跡群、関市円空館、円空入定塚、岩佐鵜匠家

◆集合場所 JR岐阜駅前団体バス乗降場(バスで移動します)

◆内容

  ・平成25年度活動報告(場所:関観光ホテル)
  ・講演「関市と弥勒寺遺跡群」講師:田中弘志氏(関市文化財保護センター)
  ・弥勒寺遺跡群、関市円空館・円空入定塚、岩佐鵜匠家の見学

◆参加料 2,000円(関市円空館入館料・昼食代込み)(当日、受付へご持参ください)

◆応募方法

 往復はがきに郵便番号・住所・氏名・電話番号及び「長良川文化フォーラム2014参加希望」と明記の上、『〒500-8875 岐阜市柳ケ瀬通1丁目12番地 中日ビル2階 岐阜市NPO・ボランティア協働センター・長良川文化フォーラム宛』まで郵送

◆定員 60名程度(応募者多数の場合は抽選)

◆募集期間 平成26年3月1日(土)~3月15日(土)(必着)

◆備考

   ・当日は、長良川文化フォーラム会員として活動に参加いただきます。
   ・昼食は、主催者側でご用意いたします。

◆問合せ先   岐阜市NPO・ボランティア協働センター(058-264-0011)
         ※開館時間:正午から午後9時まで(日曜日は、午後7時まで)
          休 館 日:毎週木曜日

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2013年度 わが町を知ろうのご案内

~お初の方ゆかりの地・岐阜市佐野を巡る~

2014.2.25.jpg

 

◆日時 平成26年2月25日(火) 9:00~14:00 (8:30受付開始)

◆集合場所  JR岐阜駅前団体バス乗降場(バスで移動します)


◆内容 講演「江の姉・初の菩提寺 なぜ佐野・織田の地に?」

        (講師:方県の歴史を語る会 会長 宮部博氏)

       フィールドワーク 佐野周辺のまちなか歩き -東光寺・養安寺・栄昌院

        (案内:方県の歴史を語る会)

◆参加料 2,000円(当日受付へご持参ください)

◆応募方法 往復はがきに郵便番号・住所・氏名・電話番号及び「わが町を知ろう参加希望」と明記の上、『〒500-8875 柳ケ瀬通1丁目12番地 中日ビル2階 岐阜市NPO・ボランティア協働センター・長良川文化フォーラム宛』まで郵送(応募者多数の場合は抽選)。

◆定員 20名程度

◆募集期間  2/3(月)~2/14(金) (必着)

◆備考

  ・当日は、長良川文化フォーラム会員として活動に参加いただきます。
  ・昼食および飲み物は、各自でご持参ください。

◆問合せ先  岐阜市NPO・ボランティア協働センター(058-264-0011)
       ※開館時間:正午から午後9時まで(日曜日は、午後7時まで)
        休 館 日:毎週木曜日

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2013年度 長良川文化講座のご案内

長良川文化講座 ~長良川鵜飼を支える匠から学ぼう~

 

2013.11.30.jpg

 

◆日時 平成25年11月30日(土) 9:30~16:30(9:00受付開始)

◆集合場所  JR岐阜駅前団体バス乗降場(バスで移動します)

◆会場   郡上市総合文化センター (住所;郡上市八幡町島谷207-1)

◆講座内容

   1  鵜舟造船技術の記録映像鑑賞
   2  講演「鵜舟の造船技術」 (講師:舟大工 田尻浩氏)
   3  フィールドワーク「作業場の見学」

◆参加料 2,000円 当日、受付へご持参ください

◆応募方法

  往復はがきに郵便番号・住所・氏名・電話番号及び「長良川文化講座参加希望」と明記の上、

  「〒500-8875 岐阜市柳ケ瀬通1丁目12番地 

  中日ビル2階 岐阜市NPO・ボランティア協働センター・長良川文化フォーラム宛」まで郵送

◆定員 35名程度(応募者多数の場合は抽選)

◆募集期間  平成25年11月1日(金)~11月15日(金)(必着)

◆備考

   ・当日は、長良川文化フォーラム会員としての参加になります。
   ・昼食および飲み物は、各自でご持参ください。

◆問合せ先  岐阜市NPO・ボランティア協働センター(058-264-0011)
       ※開館時間:正午から午後9時まで(日曜日は、午後7時まで)
        休 館 日:毎週木曜日

◆主催 長良川文化団体連絡会 長良川文化フォーラム

◆後援 郡上市教育委員会

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2013年度 長良川探訪開催のご案内

長良川探訪 ~ 長良川の支流と暮らしを訪ねて "吉田川" ~

gyodo_1.jpg    gennemon.jpg

 

◆日時 平成25年10月28日(月)  8:30~16:00 (8:00受付開始)

◆訪問先 郡上市明宝

       吉田川、古民家(源右衛門)、自然食泊 愛里

◆集合場所 JR岐阜駅前団体バス乗降場(バスで移動します)

◆探訪内容 

 1 長良川に注ぐ吉田川の探訪(魚道、砂防、治山の見学)

 2 「自然食泊 愛里」での郷土料理体験(昼食)

 3 岐阜県次世代エネルギーインフラ「中山間地モデル」の古民家「源右衛門」の見学

   (太陽光発電パネル、小水力発電の水車など)

◆参加料 3,000円(昼食代込み) 当日、受付へご持参ください

◆応募方法

  往復はがきに郵便番号・住所・氏名・電話番号及び「長良川探訪参加希望」と明記の上、

  「〒500-8875 岐阜市柳ケ瀬通1丁目12番地 

  中日ビル2階 岐阜市NPO・ボランティア協働センター・長良川文化フォーラム宛」まで郵送

◆定員 35名程度(応募者多数の場合は抽選)

◆募集期間  平成25年10月1日(火)~10月15日(火)(必着)

◆備考

   ・当日は、長良川文化フォーラム会員としての参加になります。
   ・昼食は、「自然食泊 愛里」で手配いたします。
   ・小雨決行ですが、天候により内容を変更させていただくことがあります。
   ・「1 長良川に注ぐ吉田川の探訪」では、一部、足元の悪いところを歩きます。

◆問合せ先  岐阜市NPO・ボランティア協働センター(058-264-0011)
       ※開館時間:正午から午後9時まで(日曜日は、午後7時まで)
        休 館 日:毎週木曜日

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

濃尾地震 記念行事のお知らせ

平成25年は濃尾地震(1891年10月28日)が発生して122年目に当たります。マグニチュード8を記録した最大級の内陸地震が東海地方を襲い、犠牲者も7000人に及びました。当時の仏教界、政治の世界で活躍していた天野若円が義援金を募り、犠牲者を供養する御堂(紀念堂)を建立したのは、震災2年後の明治26年でした。その後、現在に至るまで天野家を中心に近隣のご協力も得て、この御堂を支え続け、祥月命日はもとより月命日にも欠かすことなく供養がなされて来ました。また、平成22年からは10月28日に展示や講演会などを行っており、本年も下記のとおり記念行事を開催致します。

第1部では例年通りの祥月命日の供養を行います。一昨年3月の東日本大震災の犠牲者は2万人近くと濃尾震災の5年後に発生した明治三陸津波の犠牲者2万2000人に相当する国内最大級の災害となりました。第Ⅱ部においては、震災の犠牲者を悼み、この様な被害を繰り返さないことを願いつつ、岐阜大学理事の杉戸教授・名古屋大学大学院の羽賀教授・フリーアナウンサーの小倉理恵氏に、ご講演を頂きます。みなさまのご参加をお待ちしております。

◆開催日:2013年10月28日(月) 
◆場所:岐阜市若宮町2-10     「震災紀念堂」 
◆第Ⅰ部  祥月命日法要      午前10時開始
 ・導師:飛騨市神岡町大国寺 住職 杉坂徹英
 ・主催:宗教法人 紀念堂

◆第Ⅱ部 記念講演         午前10時30分~12時30分
 ・講演:1.岐阜大学 杉戸真太 理事 「必ず繰り返される濃尾震災」
      <休憩 10分>
 ・講演:2.名古屋大学大学院 羽賀祥二 教授 「紀念堂の歴史」
      <休憩 10分>
 ・講演:3.フリーアナウンサー  小倉理恵      「震災に触れる」
 ・主催:濃尾震災紀念堂保存機構
 ・後援:岐阜県、岐阜県教育委員会、岐阜市、岐阜市教育委員会

●受付:9時15分開始(返信葉書ご持参の上、ご記帳をお願い致します。)
●定員:先着 90名

●参加費:無料
●往復葉書で、お申し込みをお願いします。(締切:10月15日消印迄)
 事務局 〒501-1193 岐阜市柳戸1-1 

       岐阜大学流域圏科学研究センター 篠田真央 
●お問い合わせ先:
●濃尾震災紀念堂保存機構代表 : 西村邦彰  TEL:090-9685-2140

   pdfファイル

  2013.10.28_shinsai_f.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > 2013

サイト内検索
リンク

Return to page top