Home > お知らせ > 粥川風土記上映会が各地で開催されます

粥川風土記上映会が各地で開催されます


2009年9月19日から三日間、郡上市美並町高砂地区(粥川・高原)にて「第7回日本山村会議」が開催されます。




日本山村会議の詳細は決まり次第長良川文化フォーラムのホームページでもお知らせします。


第7回日本山村会議の会場でもあり、そのもとになる長編記録映画「粥川風土記」の上映会がプレイベントとして各地で開催されます

その中で、一般鑑賞ができる日程をお知らせします
◆7/4(土) 東京上映会
 http://deepjapan.blog55.fc2.com/blog-entry-255.html
粥川風土記の監督である民族文化映像研究所所長の姫田忠義さんと都市から郡上に移住し林業に携わっている水野雅夫さんの
「山村のいま、これからについて」の対談対談があります。

 

◆7/26(日)名古屋上映会

kayugawa_omote_s.jpg

特別ゲスト 池田勇次氏(円空研究家)
日時 2009年7月26日(日) 
        13:30開場 14:00上映
場所 生協生活文化会館4階ホール
     名古屋市千種区稲舟通1-39
    地下鉄東山線・名城線 本山駅4番出口より徒歩2分
参加 前売りチケット1,000円(当日1,200円)
問合せ
 052-851-7200(くらしを耕す会)
 090-8075-3905(東海民映研の映画を見る会/深谷)






◆7/11(土)or7/19(日)岐阜上映会 オルガンデザイン室(岐阜市靱町)
  詳細は未定


◆8/1(土)郡上粥川上映会

開催概要:

日時 8月1日(土) 14:00開始
内容

 14:30『粥川風土記(DVD版)』上映会(1時間25分)
 16:00 対談「白山信仰と長良川」(長滝白山神社宮司・若宮多門VS 山村会議実行委員会)
 17:30 終了予定
   (交流会参加者はふくべの里バンガロー村に移動)
 19:00 交流会(実行委員会スタッフ等を囲み交流)

上映会場  美並基幹集落センター
        郡上市美並町高砂397-1 TEL:0575-79-2004

会費  上映会・トークセッション 1000円(学生500円)
      宿泊・交流費        4000円(学生3000円)

主催  日本山村会議美濃郡上実行委員会

問い合わせ 担当 前田 090-5449-5002

備考  ふくべの里バンガロー村 http://minami-kanko.appa-net.com/kaiin/bangaro.htm



◆粥川風土記について  
民族文化映像研究所資料より

長編記録映画「粥川風土記-岐阜県郡上市美並町高砂ー」
 日本は国土の70%以上が山地におおわれた山国である。また、水に恵まれ、草木の成育条件に恵まれた水の国、森林の国である。が、近年、その山や水、森林の荒廃が激しい。いったい日本の自然は、そして人間の生活、文化はどこへ向かおうとしているのか。 日本屈指の清流・長良川の源流域南端部にある支流・粥川。長篇記録映画「粥川風土記」は、その粥川流域の人びとが、いかに山や水に接し、そこに育まれた草木、虫、鳥、魚、動物などの生物たちと接し、そしていかに人と人のつながりの歴史を培ってきたかを、足かけ四年、初動から数えれば7年の歳月にわたってたずね、記録したものである。 長良川の水がきれいなのは、支流の水がきれいだからである。粥川と長良川の合流点に立てば、それが誰の目にもわかる。一目瞭然である。では、なぜ、粥川の水は、長良川の本流のそれよりきれいなのか。「粥川風土記」は、おのずからその理由に踏み込んでいく。


kayugawa_hudoki.jpg



企画製作:民族文化映像研究所
協力:高砂地区(粥川・高原)のみなさん 支援:文化庁
自主映画/作品No.19/16mmカラー/2時間42分
制作/姫田忠義 小泉修吉 演出・ナレーション/姫田忠義
撮影/澤幡正範 伊藤碩男 小原信之 水野雅夫 編集・音声/姫田蘭
演出助手/今井友樹 調査・作図/大江栄三 製作デスク/浅井 桂 大江純恵
録音/東京テレビセンター 現像/ヨコシネ ディー アイ エー



Home > お知らせ > 粥川風土記上映会が各地で開催されます

サイト内検索
リンク

Return to page top