Home > お知らせ > 「水になった村」自主上映会のお知らせ

「水になった村」自主上映会のお知らせ

1957年、岐阜県徳山村にダム建設の話が広まった。総貯水量6億6千万立方メートル、日本最大のダムだ。

当時徳山村の住民は、約1600人。みな次々に近隣の街につくられた移転地へと引っ越していった。それでも、何家族かの老人たちが、村が沈んでしまうまでできる限り暮らし続けたい、と、街から戻って来た。

写真家の大西暢夫が初めて村を訪ねたのは今から15年前のこと。
だれもいないと思っていた集落に家があることに驚いた。
以来、ジジババたちの暮らしに魅せられ、東京から徳山村まで片道500キロ、
バイクで高速道は使わず山道を走り抜けて何度も何度も通った。
そしてその村でジジババたちは大西を「兄ちゃん」と呼び,共にたくさん食べ、いっぱい笑った。

村には季節ごとに土地で採れるものを大切にする、暮らしの知恵や技がある。
食卓にはいつも食べきれないほど大盛りのごはんが並び、山はジジババたちの笑い声に満ちている。

2006年秋、いよいよ工事が終わり、水がたまり始めた。
もう誰も、村に帰ることはできない。
ジジババたちの変わりゆく暮らしに寄り添った15年間の記録。


introMizu.jpg◆主催 水になった村を上映する会
◆場所 郡上八幡 願蓮寺
◆上映時刻 平成21年7月12日(日)
   昼の部 14時から 15時40分
   夜の部 19時から 20時40分
◆料金   大人500円 高校生以下無料 
◆駐車場  駐車場は市役所横の市営駐車場などをご利用ください。
◆連絡先     yamaken@aqua.ocn.ne.jp

  <郡上八幡 願蓮寺>

Home > お知らせ > 「水になった村」自主上映会のお知らせ

サイト内検索
リンク

Return to page top